感情の波を小さくしましょう!

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病、Clinical depression)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。 双極性障害(躁うつ病)と区別するために「単極性うつ病」と呼ばれることもある。まずはメンタルカウンセリングへ


うつ病の改善

うつ病の改善は、感情の波の大きさを小さくしていくことが重要です。

あくまで、病院で行う治療とは違う治療を行っていきます。

うつ病は薬を飲んでも確実に良くはなりません!薬は飲むことにより落ち着く「気がする」だけであり、改善にはつながっていません。

そもそも、心に薬は効きません!心に効くのは、心だけです!

私がうつ病患者様に対して行う指導は、主に「選択メントレ」という手法をとっていきます。

人間は一日に何万回というたくさんの選択を行います。

その選択の回数を考えて見てください。あなたは一日に良い選択をすることが多いですか?それとも悪い選択をすることが多いですか?

 

私は良い選択を少しずつ増やしていく方法を行っていきます。


うつ病とは

うつ病の症状は人それぞれで、未経験の人にとっては判断しづらいです。

現在はインターネットの普及やうつ病の認知度が高くなったことから、「もしかしたら自分はうつ病なのかもしれない」と自分自身で疑う人も多いです。様々な病気にも「発病しやすい人」が存在するように、うつ病にも「発病しやすい人」がいます。

 

・うつになるときとは?

「努力を認めてもらえない」「悪いことが続く。運がない。」「見通しのつかないやるべきことが山積み」など、どのように頑張れば良いのか分からなくなったとき、周囲に理不尽さを感じたときなど、このような状態はうつになりやすいといわれています。

 

・うつ病になりやすい人

「責任感が強い」「仕事熱心」「真面目」「几帳面」「人付き合いが良い」といった完璧主義の性格の人に発症率が高まります。一見、社交的で温和な人は、うつ病とは無縁と思われますが、中には、優柔不断や気が弱い部分を持ち合わせている人もいます。意見が対立して両者間で板ばさみになったとき、両者どちらに対しても悪い気にさせまいと気を遣いすぎるあまり、上手く処理できず、自宅で一人になったときに強く悩んでしまいます。

 

・うつ病になりづらい人

「楽天的な人」「楽観的に判断できる人」「いつまでも悩まない人」「前向きな人」など、真面目すぎない人です。このような性格の方は、上記なような出来事があったとしても気に留めず、悩まずに上手く処理できています。

 

うつ病は、体験した人しか分からない辛さがあります。うつ病も早期対応が克服を早めます。周りの家族、友人は、「このごろ元気がないな」「食欲がないような気がするな」「仕事を休むようになっている」など、「うつ病のサイン」を見逃さないことです。このような行動は誰でも経験するようなことですが、これは「うつ病のサイン」でもあります。このサインが2週間以上続く場合は要注意です。

 

石川県加賀市にあるメンタル家庭教師は、薬を一切使わないケアで評判が高く、病院の治療とは違う方法でケアを行っています。

 

うつ病をはじめ、睡眠剤など薬の服用を断ちたい方、克服の兆しが見えずお悩みの方など、メンタル家庭教師にお気軽にご相談ください。